いらっしゃいませ

大切な一枚

たいした写真じゃありませんが・・・・
↓ なんだか とっても大切な一枚です。 ↓
c0040201_22344919.jpg

パパと三人で立ち寄った大型ス-パ-のゲ-ムコ-ナ-にて。

ランキングも こうたん健闘中!






こうたんはハンドルの付いた乗り物が大好き。
特にこの、本物っぽい車が大好きです。

でも・・・

こうたんが乗る前に、こちらの親子が乗っていました。

こうたんは車に乗りたくて、
私とパパの制止を 必死になって振り払っていました。
そりやあもう、ダダをこねる・・という状態で
泣きながら手足をジタバタと。

『 こうたん、他のに乗ろう! 』
『 そうだよ、こうたん。ワガママはダメだよ! 』

そう言って抑える私たちの手を振りほどき、
ついに こうたんは この車に向かって走って行ってしまいました。

てっきり、無理やり乗り込むか、
泣き叫んでこちらの親子にご迷惑をかけるものと思い込み
私とパパは追いかけたのですが・・・

こうたんはここでピタリと立ち止まりました。
写真のように、パネルに寄りかかって
手持ちぶさたな感じで
叱られた後の涙を 目の淵ににいっぱい溜めて。

こうたんは初めから、割り込む気はなかったみたいです。

この子が降りたら次に乗せてもらおう
順番を待とう

そう思っていたようなのです。

それなのに、ママ達に手をつかまれて
いっぱい泣いてしまったこうたん。



こうたんは待っていました。

ずっとずっと、待っていました。

前の子の100円が切れるまで
ここから一歩も動かずに。
時々、私たちの姿をチラリと確認しながら。
涙と鼻水を自分の手でぬぐいながら。


ただそれだけのことに
なんだかえらく感動してしまった静ママと

『 あいつ、待ってるんだな・・・ 』
そうつぶやいていたパパ。

後は黙って、こうたんのこの姿を眺めていました。
ちんまりと立ち尽くしたその姿が
人ごみの中で
とてもとても小さくて

涙を飲み込みながら 順番を待っている横顔が
なんだか どうしようもなく可愛くて。


そして。
こちらのお父さんが車を降りるとき
『 待ってたんでしょ? どうぞ! ^-^ 』 と、
こうたんに声をかけてくださいました。
こうたんは恥ずかしそうにうつむいたまま、
はぁ~い・・
と、小さな声で答えていました。

やっと大好きな車に乗れたこうたんは
これ以上無いほどの笑顔で
私たちに手を振ってみせました。


成長したね
おりこうさんだったね、こうたん。

すべてを思い通りにしようとしていた赤ちゃんの頃とは
少しづつ変わり始めているんだね。

お兄ちゃんになっていくことは
時々とっても悲しかったり、悔しかったりするけれど
ぐっと涙を飲み込んで 我慢を覚えてゆくその姿は
ただそれだけで ママの胸を熱くさせます。

きっとママはこの先何年経っても
今日の光景を思い出す気がするよ。

涙をいっぱい溜めてモジモジと立ち尽くしていた
小さな君を
けなげな横顔を
きっとママは忘れない。





* * *  \(・_\)その話は(/_・)/おいといて・・・  * * *

↓ 大好きな車で遊んだ後は 最近やっと泣かなくなったボ-ルプ-ル♪ ↓
c0040201_22351184.jpg


↓ こちらではコップ飲みの練習☆ ↓
c0040201_2235187.jpg

なんでもかんでも口に付けちゃうもんだから・・・
お出かけに除菌ペ-パ-は必需品! >_<


実は今日は
ひぃじいじひぃばあば の家にも行って来たのです♪
こちらはママとこうたんの二人で
ちょこっとですが電車に乗って。o^-^ov
c0040201_22353326.jpg


↓ ひいじいじの家に置いてある 『こうたんの置きオモチャ』 を点検中。 ↓
c0040201_22354451.jpg



ひぃばあばの車椅子は・・・
やっぱりまだまだ動かせません。 ^-^;

↓ おかちいでちゅね・・ ベビ-カ-ならいつも押せるのに・・ ↓
c0040201_22355167.jpg


↓ ママが子供の頃遊んでいた御はじき。 ↓
ひぃばあばがまだ持っていてくれました♪
c0040201_22355855.jpg

ほんの2時間くらいしかいられなかったのですが
その間にこうたんは、
祖父のことを 『 じじ 』 と言えるようになりました。
ちゃんと祖父に向かって じじ♪ と言っていたので、
理解して言っていると思うのですが・・・

その後、家に戻ってTVを見ていると
TVに映った原監督を指差して じじ♪ と言っていました・・・(ーー;)

どうなってるんだ? こうたんの頭の中・・・
[PR]
by smilenet2004 | 2006-04-02 00:06
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン